読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンテプルチアーノ・ダブルッツォが格安 2017年度 イタリア赤ワインがダントツに安いです ザッカニーニ

これまで発売された全ヴィンテージを飲んでいます。リピートです。またリピートします。

下記の商品です!

2017年03月07日 ランキング上位商品↑

イタリア 赤ワイン モンテプルチアーノ・ダブルッツォ ザッカニーニ【イタリア】【赤ワイン】【雑誌掲載】モンテプルチアーノ・ダブルッツォ[2013]ザッカニーニ(赤ワイン)[I][E][Y][A][P]

詳しくはこちら b y 楽 天

僕のいちばん愛するワインです。ちなみに瓶についている葡萄の小枝が今回は太かった(^^;;;そんな細やかなところにも楽しみのあるワインです。09もとてもよかったですが、グレードアップした感じがしますね。プレゼントにもお奨めします。夏は夏で!鱧や鯛などとも相性がいいですが!冬は冬で鍋物とよく合います。この若さで個体差が出るなんて、なんと面白いワインでしょ!惚れ直しました。前にハウステンボスで飲んでから探していたので、ネットで購入出来て良かったのです!味もスッキリした飲みやすい赤です。これだからワインはやめられないo(^-^)oもう何年もこのワインをリピートしつづけています。軽いくちあたりです。冬は冬の飲み方で、夏には夏の飲み方で、存分に楽しめるワインです。久々のリピ。モンテプルチアーノはよく飲むのですが、こちらは重過ぎずまろやかで、食事も後半になってきた頃から飲んで、食後のチーズなどと合わせて、美味しくいただきました。本当に贅沢な気分になりました。アナゴの白焼き!鱧!鯛の塩焼き!鮎!水ナス!いいですね。もう飲みほした後で見たのですが、確かに美味しかったです。なので和食とも相性がいいです。とがったところがなく!しかし!しっかり感が有って!ビーシチューにも!ポークステーキにもよく合います。果実感がとても好きなモンテプルチアーノです神の雫で大人気のカサーレヴェッキオは!さー飲むぞ!というときに良い重さですがこちらは!前者にくらべ!軽目な飲みくちで!ふくよかな感じでした。先入観無しに飲んでいただいたほうがいいと思うので!コメントは控えめにしておきますが!言えるのは!アントゥルドゥメールの若飲みワイン!例えばモンペラくらい!気合いをいれて合わせをしても!絶対後悔しません。昨夜は市場に買出しに行って、天然の本とら河豚のキロものを購入し、僕が引いた河豚刺し、河豚ちり、白子といっしょにいただきました。とても美味しいワインです。カサーレベッキオと並んで常備ワインです。熟成してるみたいですね。このモンテプルチアーノダブルッツォも!フルーティさと!ボディとタンニンのバランスのよさで!合わせを選ばない気の置けないワインです。ナニカがいつもと違う?ワインもコルクにしっかりと染み込んでますから、瓶が横になっていたことは間違いないです=コルクに付着してるのはカビではなく、ワインの中の某かの成分です。その後モンテプルチアーノダブルッツォにハマった僕ですが!未だにザッカニーニがいちばんです。以前より渋みがまろやかになったと感じられます。完全にアディクテッドしてます。知り合いの知り合いのご夫婦が毎年イタリアに旅行に訪れた時に飲むというワインらしく、その情報を早速検索しボトルの可愛いこのワインを飲んでみました。本物のぶどうの枝が付いたおしゃれなデザインのボトル。。ロゼも購入してみようかなと思ってます。タカムラさんに入荷し始めてから、全ヴィンテージをリピートしてきましたが、2010ほど連続して注文したことはないです。シャトーモンペラがアントゥルドゥメールを注目させましたが!ザッカニーニに出会い!僕はモンテプルチアーノ種とアブルッツォ州に恋しました。ミディアムボディで割と軽めなのだけど!多彩なニュアンスが詰まっていてとても楽しめるワインです。キアンティもバローロもこの楽しいワインに霞んでしまいました。ローヌワインの合わせかたでいいと思います。グッドです。僕は何度でも繰り返しますが!このワインを愛して止みません。アドリア海の恵みたっぷりなこのワイン!本当に美味しいです(o^〜^o)新しいビンテージの出る度に何本もリピートしていますが!フランスにおけるグレートビンテージの09は格別にいい気がします。僕はこのワインが大好きです。鮟鱇、すき焼き、しゃぶしゃぶ、あら鍋・・・どれも◎ですが、河豚との相性は本当にバツグンなんです。味わいもとても深くて、これまで飲んだザッカニーニとは明らかに違いました。これからの季節には!相方に穴子や鯛や鮪やマヒマヒがいいですね。合わせは地中海料理全般いけますが!特に魚介類にこだわらず!肉料理も大丈夫です。2009も本当に美味しい(o^〜^o)味は飲んで確かめてくださいね。フルボディ大好き、リピートです。前回のレビューでは、「やはりイタリアンが合う」とコメントしましたが、ザッカニーニは日本文化にも理解があり、YAMADA(=山田=里山のことみたいです)というワインもこちらのショップで販売しています。何本飲んだかわからないこのワインですが、添付写真のように、コルク内側に白い澱のようなものが付着していました。イタリアも気候がよかったんでしょうね。ちなみに今日はイサキの岩塩焼きと寒ブリの刺身に早稲キャベツのロールキャベツと合わせましたもちろん◎日経WineStyleの「1000銘柄の実力を一挙大公開」という雑誌を見ていたらこのワインがランクインしていました。食事しながらの普段飲みにはこちらのほうが好きです。家鍋のおもてなしには欠かせないワインです。グラスに注ぐと香りもなんとなく違うし!透明感が無いような…。あと、和食の白和えにも。気軽に開けられるワインです。2011は2本目ですね。気の置けないいいワインです。